リハビリテーションの
ご案内

リハビリ室

リハビリテーションとは

 語源はラテン語のre(リ)-habilitas(ハビリタス)-ation(エイション)、意味は「再び(元の)-(適した)状態に-すること」です。
紀元前から更正の意味で使われ現在では医療・福祉の場面で広く一般に知られています。
 病気や事故等により障害を負った方が病気、障害を負った時点からリハビリテーションが始まり、病院から離れた後も引き続き自己を再認識していく過程(プロセス)をいいます。
 現在、医療は急性期・回復期・維持期の3つの時期に分かれています。リハビリも各時期の対応した役割があり、回復期は特にリハビリ治療を集中して行う時期になります。
 また、近年予防医学の観点から予防リハビリテーションとして、介護保険領域等で取り組みもなされています。

トレーニング室

リハビリテーションと当院の取り組み

 入院されてからは日々の入院生活もリハビリテーションの一環となります。習慣化されていく生活の中にこそ改善につながるきっかけがあります。その基礎づくりとして、言語聴覚士(ST)、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)が評価から一人一人のニーズにあった日々の課題を設定し共に練習していきます。
 また、当院では生活そのものがリハビリテーションであるという理念のもと、入院から退院されるまで途切れのない365日のリハビリテーションや実際のADL場面でのリハビリテーションを提供しています。
 そのためリハビリ室での練習だけでなく、トイレ動作、食事、整容、着替え、車椅子・ベッド間の乗り移りなど生活に密着した様々な練習を行っています。
 リハビリテーションの詳細についてはご入院された病棟のリハビリスタッフの中から主担当を設け、主担当者が休みの場合には代行制を取り入れています。

リハビリテーションの
各療法